不動産投資 不動産購入・売却 エスクロー調査のエキスパート | 忌宮神社 節分祭 当日

ソレイユプランニング

お問い合わせはTEL083-246-5335

忌宮神社 節分祭 当日

   

2月3日(月)に下関市長府の忌宮神社で「節分祭」が行われました。

神社境内の一角に結界を設け、篝火を炊き、破魔矢や神社札・お守りを焼べる人、2月にしては比較的暖かいこの日でしたが、夜ともなると冷えるのか参列者が各々、暖を取りながら今や遅しと祭りの開始を待ちました。時計の針が19時を指した頃、本殿で「節分本殿祭」が執り行われました。

IMGP6424

「節分本殿祭」に参加されない方は、餅まきまで時間を持て余しているのか、各々自由な時間を過ごしていました。賽銭箱にお金を入れ柏手を打ってお参りする人。小さいお子さんを連れた若い夫婦、お孫さんの手を引いたおじいちゃん・おばあちゃん。あちらこちらで記念撮影が行われていました。

一杯100円の露天のあまざけで暖を取る人もいました。あまざけの隣で売っていた「鬼打ち豆」ですが、枡に入った豆がよほど美味しかったのか、お腹がすいていたのか、鬼に投げる前に全部食べてしまった子もいたようです。

IMGP6427

それぞれの時間が流れ20時になった頃、社務所の方から赤鬼・青鬼・福男がそれぞれの出で立ちで境内に向かって歩いてきます。

IMGP6431

IMGP6430

鬼が来る前は、「僕がやっつけてやる」と、威勢の良い3歳くらいの男の子が、赤鬼・青鬼が目の前に現れたとたん、引きつった顔でお母さんの後ろに逃げ隠れていました。そら怖いよね。

鬼が境内を練り歩く中、あちらこちらで泣き声が聞こえていました。

IMGP6445

 

 

IMGP6442

中には、鬼が怖くないのかお母さんに抱かれて静かに見入っている子もいました。

IMGP6439

20時半になると、いよいよ「餅まき」の開始です。思い思いにビニール袋を広げて開始を待ちます。

IMGP6457

地元の中から選ばれた、今年の干支である午年生まれの人が、餅まき台であるトラックの上に上がります。

IMGP6458

餅まきの開始と同時に一斉に餅に群がります。壇上の知り合いに「こっちに投げて」とお願いをする人、投げるたびに歓声が上がります。たくさん拾うコツは、上を見ずに地面を見ていたほうが良いみたいですね。

前日搗き上がった120kgの餅は、ものの10分でそれぞれの人の袋に収まりました。

皆さん厄払い出来たでしょうか?良い一年になるといいですね。

 

 

 

 

 

 - その他