不動産投資 不動産購入・売却 エスクロー調査のエキスパート | 『事故物件について知ろう』

ソレイユプランニング

お問い合わせはTEL083-246-5335

『事故物件について知ろう』

   

『事故物件について知ろう』

不動産ブログ 添付画像18

こんにちは

皆さんは事故物件という言葉を聞いたことはありますか?

事故物件とは、例えば過去にその物件で自殺した方がいた・不審死があったなどの人の死に関わるものや、過去に所有していた不動産会社が倒産・住宅ローンの破綻等といった金融に関わるものをさします。過去にこういった経験をしている物件に関しては、定価より安く(大きければ半額程度の値段まで)割引されて売られていることがあります。

不動産業界のルールとして、事故物件である場合はお客様にその旨を伝えなくてはいけないことになっています。しかし、不動産の広告自体には事故物件の事故内容には触れず、その他や備考欄に「告知事項あり」と書かれている場合がほとんどです。価格が安いことで惹かれるお客さまもいらっしゃることと思いますが、告知事項有りの中身をきちんと知って、買うかご検討されることをおすすめします。

もしも、不動産業者から何もそのような説明がなかったのに、契約後に事故物件であることが判明したら…。その際は、説明義務違反として不動産業者・売主に罪がかせられます。転居費用といった損害賠償が支払われることも。まずは、責任義務違反をするような不動産会社とは契約しないことが大切ですけどね。

 - 不動産売買, 不動産