不動産投資 不動産購入・売却 エスクロー調査のエキスパート | 『日本と海外の物件事情』

ソレイユプランニング

お問い合わせはTEL083-246-5335

『日本と海外の物件事情』

   

『日本と海外の物件事情』

不動産ブログ 添付画像27
最近、中古物件をお探しの方が増えております。きっと新築物件にはない中古物件ならではの魅力に気付いてくださっている方が増えているのですね♩

中古物件の楽しみ方として、一度スケルトン(躯体だけを残した状態)にして、リノベーションを行うという方法があります。この方法が定着してきたので、皆さんに中古物件を選んでいただけるようになりました。

まだ日本ではあまり定着していませんが、海外にはスケルトンインフィル状態で売り出す物件が増えています。日本では工事途中のように見えてしまう躯体だけの状態で、部屋を売ります。内部空間は、提携している別の業者とお客様自身に考えてもらうという方式です。

上記形式が日本では、個々の手に委ねられて中古物件をスケルトン状態にした後リノベーションするという方式が楽しまれているわけです。

“本当に満足する住まい”を求めている方にもってこいのリノベーション。新築物件、特にマンション広告を見ていると分かりますが、不特定多数向けに作られた物件は、いくつかのパターン 夫婦・夫婦+子供1・夫婦+子供2 など といった分類ができる作られ方をしています。ですから、自分達だけにぴったりの“本当に満足する住まい”は、中古物件をリノベーションすることで得るのが、賢い方法といえます。

 - 不動産売買, 不動産, 建築