不動産投資 不動産購入・売却 エスクロー調査のエキスパート | 『泥棒対策を兼ねた庭づくり ~こんな庭が狙われる編~』

ソレイユプランニング

お問い合わせはTEL083-246-5335

『泥棒対策を兼ねた庭づくり ~こんな庭が狙われる編~』

   

『泥棒対策を兼ねた庭づくり ~こんな庭が狙われる編~』

不動産ブログ 添付画像14

以前、『泥棒対策を兼ねた庭づくり ~庭の総称編~』こちらで庭の総称を学びました。今回は、果たしてどういった庭だと泥棒が入ってきやすいのかを学びます。

1、死角のある庭

これは読んで字のごとし。うっそうと草木が生えた庭や、庭の総称編出も学んだクローズガーデンタイプの庭。一度敷地内に入ってしまいさえすれば、外部から姿を見られることなく動き回れる庭ほど、泥棒にとって都合のよい庭はありません。

2、入り組んだ路地

庭を広く見えるようにするための外構を作る手法として、あえて路地を作り玄関までの動線を長くする場合があります。しかし、路地を作ることは死角をうむことに繋がりかねません。デザインウォールの一部には開口をあけるなど、泥棒が隠れる場所を与えないようにしましょう。

3、明かりのない庭

いくら死角のない庭といえど、夜間も問題ないといいきれますか?ガーデンライトを設置して、明かりを灯すことをおすすめします。人感センサーつきのものもありますので、是非探してみて下さい。

いかがでしたか?この記事が少しでも、みなさんのお庭づくりに役立てば幸いです。せっかく素敵なお家を建てるのですから、防犯面にも全力を尽くしたいですね。

 - 不動産, 外構