不動産投資 不動産購入・売却 エスクロー調査のエキスパート | 忌宮神社宝物館 数方庭展示会

ソレイユプランニング

お問い合わせはTEL083-246-5335

忌宮神社宝物館 数方庭展示会

   

現在、忌宮神社宝物館で「数方庭」に関する展示がされています。

IMG_0869

IMG_0872

「数方庭」の起源は、第14代仲哀天皇が、仲哀天皇7年に新羅軍が宮に攻めて来た為、天皇自ら敵の大将塵輪を弓矢で仕留め、その首を埋め、その周りを武器をかざして踊ったのが始まりとされています。それが境内にある「鬼石」で、普段は囲いがされています。

IMG_0868

IMG_0867

IMG_0866

江戸時代までは、矛や剣を持って「鬼石」の周りを踊りまわっていましたが、毛利綱元公の時代に「太平の時代に武器は相応しくない」。との理由で現在の竹に替わりました。

忌宮神社の「数方庭」と同様のものは、住吉神社、川北神社、員光八幡宮にも見られます。

「数方庭」について詳しくは、以前の記事をご参考ください。

http://soleilplanning.com/blog/?p=245

数方庭展示会

場所:下関市長府宮の内町1-18 忌宮神社境内内 宝物館

時間:9:00~16:00まで(8月31日まで)

入館料:御芳志をお納めください。

 

 

 - イベント, 観光, 神社, 長府