不動産投資 不動産購入・売却 エスクロー調査のエキスパート | 『ベランダとバルコニーとテラスの違い』

ソレイユプランニング

お問い合わせはTEL083-246-5335

『ベランダとバルコニーとテラスの違い』

   

『ベランダとバルコニーとテラスの違い』

不動産ブログ 添付画像7

こんにちは、日々の寒さも増してきましたね。

今日は、不動産の専門用語の違いについてお話しいたしましょう。

タイトルにも挙げた“ベランダ”・“バルコニー”そして“テラス”、どれも同じ場所を指す言葉で言い方に違いがあるだけなのか?いえ、ちょっとしたことですが違いはあります。

 

まずベランダですが、一般的に1番馴染みのあるこの言葉は、屋根と床のある屋外空間を指します。ベランダのなかでも、2階以上にあって手すりのあるものは、バルコニーとなります。最近の不動産業界では、特に区別して使っていないところがほとんどです。

(設計シーンでは、ベランダという言葉は用いずバルコニーという言葉しか使いません)

 

むしろ、前2つと大きく異なるのはテラス。テラスはもともと「大きな床」という意味をもっているので、リビングの延長のように作られた空間で、屋根はないものです。

 

ベランダやバルコニー付きの物件は多数ありますが、テラス付きとなると限られてきます。テラスは他2つに比べて空間的にも広いものがほとんどです。テラス付きの物件も良いですね、そこでどんなことをしようかワクワクします。ぜひテラス付き物件も、探してみてくださいね。

 - 不動産売買, 不動産, 建築